2階、3階のベランダ(バルコニー)に屋根は必要?後付け庇(ひさし)で雨の日も快適お洗濯

こんにちは♪大阪府河内長野市にある後付け庇(ひさし)専門店「ひさしっくす」です。

雨が多い7月となりましたね。この梅雨が明ければ今度は夏の日差しが入り混んでくる季節になります。
雨はもちろん夏の日差し対策はお済でしょうか?

今回は雨や日差しを防ぐ2階、3階のベランダに付ける屋根、庇(ひさし)についてのお話です。

風圧の影響と強度の関係がありますので、基本的には1階のみの対応の商品が多いのですが、
強度の高いひさしっくすの「ケノフィックスモデル」であれば、2階、3階にも設置できます。

2階、3階のベランダに庇(ひさし)をつけるメリット

  • 急な雨から洗濯物を守ります。1階なら外からでも洗濯物を移動できますが2階はそうはいきません。そんな時もテラス屋根があれば洗濯物を濡らさずに済みます。
  • 洗濯物は1階に干すよりも2階、または3階に取り付けるほうが光を取り込みやすく風の通りも良いので乾きやすいとういう利点があります。
  • 最近の住宅ではお風呂やランドリールームなどの水回りを2階・3階に作り、外から生活感を見せないような間取りが流行っているようです。ランドリールームと同じフロアにお洗濯物を干すと家事の動線がスムーズになります。
  • お家が建つ敷地が狭かったり、各家庭の車の保有台数が増えたことにより駐車スペースをたくさん確保しないといけなかったりして、洗濯物を干すスペースが十分に確保できない時、2階・3階に洗濯物を干すと敷地を有効利用することができます。

2階、3階のベランダにピッタリのテラス屋根、庇(ひさし)

3階のベランダに取り付けたケノフィックスモデル
奥行1000×横幅2000ブラウンボード×ブラックブラケット
2階ベランダに取り付けたケノフィックスモデル奥行650×横幅2000ブラウンボード×グレーブラケット
2階ベランダに取り付けたケノフィックスモデル奥行1000×横幅5650クリアボード×ブラックブラケット

2階・3階に設置するテラス屋根は、住宅の構造によって設置可能なタイプが変わります。1階に設置するものと比べても設置方法や搬入・施工方法などもより詳しく確認して計画を進めなければなりません。
しっかり施工担当者と相談して自分の生活スタイルにあったアイテムで、より快適にストレスのない毎日を送りましょう。

2階3階用の屋根はこちら

1階用の屋根はこちら

本日の担当はキャサリンでした。

キャサリン

ネコを愛するひさしっくすスタッフ

Profile Picture

おしゃれな後付け庇(ひさし)専門店
ひさしっくす
ひさしっくす本店はこちら


取り付け方法や、ご不明な点はお気軽にお問合わせ下さい。
お問合わせフォームはこちら
大阪府河内長野市西之山町18-16
0721-55-2521