商品詳細はひさしっくす本店に記載しております。

「こういう場所にも取り付け可能?」

など、庇の取り付け方や商品の疑問点や不明な点など
ご不明な点はお気軽にお問合わせ下さい。
(問い合わせフォームは下部にあります)
営業時間(平日9:00~17:00)

お問合せ頂いた例

例:設置場所・方法について

Q:EAモデル200の取り付けで貫通ボルトを使用したいのですがボルトの径を教えてください。

A:EAモデル200のボルトを通していただく穴のサイズが11mmですので、8mmか10mmのボルトを使っていただけたらと思います。

Q:ブロック塀に直接取り付けはできないのでしょうか?

A:当店の商品は、基本的にはお家の壁に取り付けていただく商品となっておりますが、コンクリートブロックの塀に取り付けることも可能です。
塀に取り付けていただく場合は、通しボルトで取り付けをお願いいたします。
(外構工事の業者様に、「通しボルトで設置可能」とお伝えいただければブロックの厚みに合わせてボルトを用意してくださると思います。)

Q:コンテナハウスに取り付けはできますか?

A:コンテナハウスに取り付けていただいた事例はございます。
ただし、コンテナによりまして、鉄骨等の下地となる基礎の位置が違うため、下地となる基礎がどこにあるかはお客様にお調べいただく形となります。
外壁や、単なる壁材にはお取り付けできませんのでご注意ください。
場合によっては、通しボルト(壁を貫通させて反対側からボルトでとめる)等の取り付けが必要になる場合もございます。

Q:ユニットハウスに取り付けはできますか?

A:ユニットハウスにも取り付けていただいた事例はございます。
基礎となる柱が入っているユニットハウスでしたら、その柱にひさしを取り付けて頂ければ取り付けも可能です。
ただし、外壁部分(サイディング部分)は下地とはなりませんのでご注意ください。
取り付けの際は下地となる柱にお取り付けをお願い致します。

例:加工等について

Q:スカイラインモデルの横幅を長く加工することは可能ですか?

A:大変申し訳ございませんが、スカイラインモデルは、横幅が120cm・140cmの2種類となっております。
短く加工することは可能ですが、横幅を長くすることはできません。
ご希望に添えず申し訳ありません。
スカイラインモデルに似ているモデルにEAモデルという商品がございます。EAモデルには横幅が200cmのものがございますので、お好きな横幅に加工することが可能です。

■ご購入、商品詳細ページはひさしっくす本店でご確認いただけます
庇通販ショップ


ひさしっくすのカタログをご希望のお客様は、以下の内容をご入力の上、送信ボタンを押してください。
3営業日以内にカタログを発送させて頂きます。

■法人様名(※必須)

■ご担当者さま名(※必須)

■送付先のご住所(※必須)

■ご興味のある商品

■その他ご要望等あればどうぞ