これからの飛沫対策は空間を邪魔しないお洒落なウィルスガード ひさしっくすの「ヒサシールド」がおすすめ!

こんにちは♪大阪府河内長野市にある庇(ひさし)専門店「ひさしっくす」です。

世界中を不安の渦に巻き込んだ新型コロナウィルス。
第2波が来ない日を願いばかりですが、これからの生活はこのウィルスとどうやって向き合っていくか、が最大のポイントになると思います。
その為には、ウィルスの確かな情報を理解しておかないと再び感染が広がってしまうこともあります!
今一度、その基本的な特徴・感染のメカニズム・対策など、有益そうなサイエンス情報をお伝えいたします。

【新型コロナウィルスの特性】

1) 新型コロナウイルスの大きさは約100ナノメートルで1円玉の20万分の1の大きさだそうです。

2) ウイルスは他の生物を利用して増殖します。それ以外の感染は今のところ報告がないのでその経路を断つ必要があります。

3) 新型コロナウイルス表面は「エンベロープ」という脂質(あぶら)に覆われているということ。
これを除去するのに手洗いは大切な予防策となります。

【新型コロナウイルスの感染経路】

おもに「飛沫感染」と「接触感染」で感染します。
「空気感染」はほぼ起こっていません。

1、飛沫感染・・主に咳やくしゃみ、会話、もしくは病院での吸引等の医療行為中など近い距離からの感染になります。

「飛沫感染」の予防策としては

*マスクの使用の徹底
*ソーシャルディスタンスを確保
*換気
*シールド等の設置

せきやくしゃみをしたときに出る「飛沫」は、しぶきにウイルスが含まれていて、それを吸い込むことで感染してしまうため、「咳エチケット」に気をつけて、密閉・密集・密接の「3密」を避けましょう。
また、しぶきは普通の会話やジョギングなどの激しい息づかいでも感染のリスクがあるので注意が必要ですね。
今、店舗ではシールドを設置が今や当たり前になってきています。今はいろいろなタイプのシールドが発売されています。
また、新型コロナウィルスは「空気感染」はしない、とされていますが、世界保健機関(WHO)では「閉めきった室内などでは比較的長い時間空気中を漂うウィルスを含む粒子「エアゾール」によって感染が起きる可能性がある、と指摘されていますので、換気が必要になってきます。

2、接触感染・・「直接接触感染」と、「間接接触感染」があります。

「直接接触感染」・・感染者の皮膚に直接触れた場合
「間接接触感染」・・感染者が触ったものに触れた場合

「接触感染」の予防策としては

*直接接触感染・・とにかく感染者の皮膚に触れないこと。手指の消毒、感染者の隔離。
*間接接触感染・・ものの「タッチ」を避ける。ウイルスのついたものに触った手で、口や目、鼻を触ってしまうことで感染するのでドアノブやエレベーターのボタン、公園の遊具やスーパーの商品など、不特定多数の人が触れるものを、やたら触らないようにしましょう。

【今しなければならない事】

★手洗いはなぜ必要なのか?

さきほど、新型コロナウイルスは「殻があぶら」だと書きました。それがこのウィルスの大きな弱点です。石けんなどの界面活性剤やアルコールは、脂で覆われている新型コロナウイルスの殻を壊してくれます。
帰宅したらとにかくすぐに手洗いを!洗うときは、ジャニーズの嵐や他にもエンタメ系の方々がぞくぞく「手洗い動画」を配信しています。参考にしてはいかがでしょうか?楽しく手洗いできると思います。

★ソーシャル・ディスタンスとは

ウイルスは自分だけでは増えることはできませんから、飛沫にのって別の人の体内へと侵入しようとします。感染者の飛沫を受けないためにも他者との距離『ソーシャル・ディスタンス』として2メートルを保ちましょう。今はほとんどのスーパーのレジ等でもテープでこの距離を示してくれています。常にこの距離を保つ生活を心がけましょう。

★マスクの必要性

自粛が終わってこれから外出される人が多くなってきています。マスクをするのとしないのでは飛沫の範囲が大違いです。「うつらない、うつさない」を心がけて これからの時期、マスクは着用で暑くなる季節ですが、飛沫感染を防ぐため熱中症対策と合わせて引き続きマスクを着用しましょう!

【これからの取り組み】

緊急事態宣言が解除された今、すぐに“コロナ前”に戻ることはないと思われます。新型コロナウイルスとのつきあいはもう少し、長くなりそうです。企業や、商店等でも今後の対策として様々な取り組みが行われています。企業では今回の騒動でリモートワークや時差出勤に加え満員電車の回避といった策を各社講じています。また店舗ではソーシャルディスタンスの徹底、接客の際には飛沫感染予防シールドを設置、といった取り組みが既にされているところも多いようです。

★飛沫ガードの必要性

ウィルス感染予防の為に飛沫ガードはスーパーやショップのレジ、薬局、病院の受付等に、また、ホテルのフロントやレストランのテーブルとテーブルの間などに、飛沫感染防止シールドは、今や「なくてはならないもの」になっています。

飛沫ガードの種類やサイズも増えてきて、ニーズに合うものが探しやすくなってきています。

特に受付等の入り口にに飛沫ガードが設置されていると入るのも安心ですよね。マスクも必須ですが飛沫ガードも必須です。

【飛沫ガードの選び方】

今ではどこの店舗でも必須となっている飛沫対策ですが、いろいろな形状、素材、特徴のあるものが販売されています。

<飛沫ガードの素材>

*アクリルボード

*塩化ビニール

*ポリカーボネート

*プラダン(プラスチック製のダンボール)

*ガラス

アクリルボードとプラダン、ポリカーボネートは見た目には良く似ていますが、ポリカーボネートは衝撃に非常に強く、耐熱、耐低温性に優れています。強度はガラスの約200倍、アクリルの30倍と言われています。燃え広がりにくいので安全です。透明性にもポリカーボネートが一番優れているので塩化ビニールのようにくもってきて取り換える作業がほぼありません。プラダンもポリカーボネートと似ていますが、サイズのバリエーションが少ないのが難点です。

また、塩化ビニールは安価で取り扱いやすいですが、くもりやすいので取り換えが必要になってきます。また、先日新聞にも取り上げられていましたが、火気のあるところでは一気に燃え上がるので場所によっては危険かもしれません。

<飛沫ガードの形状>

用途によっていろいろな形状の飛沫ガードがあります。

*広範囲で覆う上から塩化ビニールを吊るすタイプ

*仕切り用スタンド型パーテーション

*フェイスシールド

広範囲で覆う場合は塩化ビニールが安価で扱いやすく、お勧めです。
ただ、くもりやすく、柔らかいので不安定な場合もあり、また、火の気のあるでは一気に燃え上がってしまうので飲食店等には不向きかもしれません。
スタンド型パーテションは透明度があり、設置も移動も楽、サイズも選べるものもあり便利です。ただ、高さに気を付けないと飛沫はパーテーションを超えて飛び散る場合もありますので、頭を覆うくらいの高さにしましょう。
フェイスシールドは主に医療関係のかたは必須のものです。できるだけその方たちに回る様に心掛けたいですね。

<飛沫ガードの特徴>

ひさしっくすの飛沫ガード「ヒサシールド」は、ポリカーボネートを使用しており強度、耐熱、耐低温性にも優れ、いつまでもクリアな状態を保つことができるウィルスガードパネルです。
高さも頭をすっぽりと覆う高さで、飛沫をブロックします。独自のカーブでコロナウィルスをガード、お客様側もスタッフ側も安心安全に接客等の対応をしていただけます。
また、接客フロント用と飲食店用、用途によって使い分けしていただけるモデルになっています。接客フロント用には対面シールドの「ヒサシールド」を設置していただき、飲食店等、テーブルひとつひとつのコロナガードには「ヒサシールド・テーブルパーテーション」をお勧めいたします。

※対面シールド「ヒサシールド」

飲食店用仕切り「ヒサシールド・テーブルパーテーション」

インテリアにもなるウィルスガード、飛沫防止パーテーション「ヒサシールド」はひさしっくすだけのクオリティの高いデザインです。

ホテルのフロントやバー、ネイルサロン、お洒落なパティスリーショップなどに設置していただいております。

このばび、外資系5つ星ホテルのラウンジに設置していただきました!

ラグジュアリーで高級感のある「ヒサシールド」は空間になじむデザインなのでイメージを壊しません。

機能性、デザイン性、にも富んでいるウィルスガード「ヒサシールド」はひさしっくすのオリジナル商品です。

こんな時だからこそ「思いやり」を忘れずに穏やかな日々を過ごしていきたいですよね。
ひさしっくすはそのお手伝いが出来れば幸いでございます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

本日の担当はキャサリンでした(⌒∇⌒)

おしゃれな後付け庇(ひさし)専門店
ひさしっくす
ひさしっくす本店はこちら


取り付け方法や、ご不明な点はお気軽にお問合わせ下さい。
お問合わせフォームはこちら
大阪府河内長野市西之山町18-16
0721-55-2521